代表あいさつ

このたびは、株式会社陽翔通商のホームページをご覧いただき、まことにありがとうございます。代表の山本よりごあいさつ申し上げます。
弊社の設立は平成29年で、社員の平均年齢は31歳前後という、名実ともに若い会社です。会社の年齢はまだまだ若いですが、代表である私自身は18歳からドライバー一筋なので、今やすっかりベテランの域に達しました
「トラックに乗る!」と決心したのは、私が中学3年生のときです。しかし、まだ年齢的に運転免許を取得できないことから自動車整備の仕事をしながら免許を取得できる年齢を待つという、筋金入りの「トラック好き」です。
トラックが好き、トラックに乗りたいと思うことからはじまったトラック愛が、いつしか仕事への愛、お客さまや弊社ドライバーといった「人」に対する愛へとなりました。社名には私の息子の名前を冠していますが、これは陽翔通商という会社も私の大切な子どもであり愛情をもって成長させていきたいという思いを込めたものです。

売り上げや会社の急激な拡大よりももっと大切にしたいのは、お客さまの満足であり、社員の夢や思いの実現です。そのために私たちは常にプロフェッショナルであることに加えて新しいことへのチャレンジをつづけ、オンリーワン企業をめざすことで社会から必要とされる存在でありたいと考えております。
若い会社らしく、お客さまや社員など弊社にかかわるすべての方々と一緒に成長していくことも陽翔通商らしさであると思います。
今後とも私たち陽翔通商をどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
name

陽翔通商は、こんな会社です

株式会社陽翔通商は冷凍・冷蔵輸送に特化した運送会社として、これまで着実に成長をつづけてきました。冷凍・冷蔵輸送で運ぶものの大半は食料品で、人間が生きていくにはかかせない大切な品物です。それだけに業務量は安定しており、景気の変動があってもそれが変わることはないでしょう。
陽翔通商が大切にしているのは、ドライバーから「陽翔通商で働きたい」と思ってもらえるような環境づくりです。仕事なので待遇面で会社にできることを最大限やるというのは当然ですが、それに加えて車両の充実も大切だと考えています。
はじめて陽翔通商の車両を見た人は、その真っ赤なデザインに目がいくと思います。一般の方はそこまでかもしれませんが、ドライバー経験がある方が見るとSCANIAやVOLVOといった日本ではそれほど多く見かけることがないメーカーに注目されます。こうしたメーカーを選んでいるのは、さすがスケールの大きな陸上輸送が当たり前のヨーロッパだけに長距離輸送の性能にとても優れているからです。ドライバーの疲れがまるで違いますし、疲れが少なければ事故のリスクも当然低くなります。もちろんその分価格も高くなりますが、ドライバーがより快適に仕事ができる環境づくりは、会社として当然のことではないでしょうか。
事実、こうした車に乗りたいという思いで陽翔通商の一員になった人もいます。

熱い思いで成長するのが私たちのやり方です

陽翔通商で活躍しているメンバーの共通しているのは、熱い思いです。代表自身が大のトラック好きからプロになったということもあって、仕事や仲間に対して情熱をもって接する会社です。
おかげさまで会社は順調に成長をつづけており、ドライバーやトラックも着々と規模を拡大しています。うれしく感じるのは、個々のドライバーが自分の仲間を呼んでくれて、そこから人が集まってくれていることです。それだけドライバーが陽翔通商の一員であることに満足してくれている証拠なので、これからも大切にしたい部分です。
中には自分の車すら持っていなかった人、ガソリンスタンドで働いたことはあるもののそれ以外に車との接点がなかった人という社員もいます。まったくの未経験からスタートしたわけですが、今ではしっかりと陽翔通商の戦力となっています。会社としても丁寧に人を育てていきますが、それ以上に先輩社員が熱い思いをもって新しいメンバーを受け入れてくれていることも大きいでしょう。
ONとOFFのメリハリは大切です。ONのときは全員で仕事に向き合い、OFFのときには楽しい職場にすること…それができている会社だからこそ、新しい人がどんどん成長してくれているのだと思います。
これからも陽翔通商は熱い思いを大切にする会社として成長をつづけていきますので、同じ思いを共感できる方を歓迎いたします。
scroll-to-top